« 暑い日 | トップページ | アクセス解析 »

2006/08/03

風の行方/2006年8月2日

トラバってますけど表題の「商社」の話ではありません。
レンジ相場が続くかと思っていますが、このまま上抜けて16000向かう気がしてきました。
強気の理由
1)米国の金利動向
2)信用残の解消
3)為替

弱気の理由
1)米国の金利動向
2)中東情勢
3)相場の低エネルギー(売買代金少ない)
4)レンジの上限
5)先物主導で仕掛けっぽい

米国の金利動向はどちらも入っていますが、
強気)上げる上げないに関わらずFOMC後を睨んだ動きが既に始っている、と見るか
弱気)これまでどおりFOMCまでは強弱織り交ぜた様子見気分が抜けない、と見るか
どちらにスタンスを取るかで変わってきます。

不動産の証券化、の話がありましたが現在東京都内でプロジェクト化された大規模マンション建設にも証券化スキームが利用されています。
地価の価格変動リスクがクローズアップされたのがバブル期であり、特に大規模な用地取得を必要とする都内のマンション開発に対し資金調達は困難になっていました。(今は少し事情が違いますが証券化の動きが出始めたころは銀行がたやすく貸さなかった。)

不動産を証券化することで取得資金調達手段を多様化でき、バブル期に問題となった保有不動産による資産の肥大化に歯止めがかかり(オフバランス)、銀行からの借金ではないので有利子負債の増加もなくすことが出来る、などのメリットがあります。

先の話では、マンションデベロッパーが特別目的会社(SPC)を設立(出資)しSPCを通じて不動産を取得します。デベロッパーはSPCの証券を握っている(出資している)から間接的に不動産を証券として持つことになるわけです。これが不動産証券化です。
SPCへの資金供給元はデベロッパーや不動産会社だけではなく、金融機関や証券会社なども入っています。

こういうのを開発型の不動産証券化といいます。
既存の建物を信託証券化する信託型などいろんなスキームがあるようです。

「REAT」も不動産投資信託で不動産の証券化の一種と言っても良いでしょう。

|

« 暑い日 | トップページ | アクセス解析 »

コメント

おはよう♪
暑いね~ 不動産関連はそうそうポン吉ちゃんでした。
ボックスを抜けて、サマーラリーのシナリオ。

去年のようなサマーラリーを見ることは当分ないって思ってたけど、そう思う人が多ければやっぱり抜けちゃうのが株の不思議なところ(-_-;)

下がってるときに買えなくって、今頃買ってどうする・・・って感じなんだけど(笑)

主人が同じようなこと言って、含み損に耐えながらマザーズ銘柄持ってます。お酒飲んで話したら、気が合うかもね(^^♪

投稿: Poket | 2006/08/03 05:54

おはようございまっす!(^o^)丿
仕事がしんどくなってきました。

今回の出張では最後の週末となりました。
来週金曜日には海を渡ってはるか北方へ渡り鳥です。

天気は良いし、これからどこでかけよう♪

サマーラリーどうなるかなー
とりあえず昨晩のNY、雇用統計の数字とにらめっこでしたね。
後半は売り方の買戻しっぽいので油断できないなぁ。
一方、自分も金曜日に買ってO/Wしてんですよねー <今頃買ってどうするヨ
なんとか、かんとか上がってくださいまし(-人-)

投稿: ポン吉 | 2006/08/05 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の行方/2006年8月2日:

» 価格変動リスク [初心者への提言、外国為替FXの基礎知識]
価格変動リスクとは債券価格の変動によるリスクのことです。 [続きを読む]

受信: 2006/08/12 22:35

« 暑い日 | トップページ | アクセス解析 »