« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月に作成された記事

2006/08/30

「また会うための、別れだ」 ER11 緊急救命室

とうとうカーター君がカウンティ(総合病院)から去っていきました。
やっぱりな、って言う最後です。
TVの中だけでなく自分の心の中でもグリーン先生、ベントン、キャロルの温かい声が蘇りました。
この11年思い出して、思わず泣けてきた。

カーターはカウンティに11年いたんですね。
そんな自分も社会人になって今年で11年目。
カーターほど頑張り屋で有能ではないけれど、彼は医者で自分は半導体関連のエンジニアで世界も違うけれど、社会の中で仕事の厳しさや人間関係の難しさに心が折れた時に、同じように悩み、苦しんだ仲間という気持ちでカーターを、ERを見てきました。
ドラマ自体は人によってテンポが速すぎたり、医学用語が難解でついていけなかったり、と万人受けするものでは無いかも知れませんが、自分にとっては最高のドラマといっていいでしょう。

カーターが抜けたらもうERじゃないぢゃん、と思ってたけど、ERのドラマはまだまだ続きそうです。
ルカとサムが失踪した子供(アレックス)を追いかけてる途中だし。
プラットの父親らしき人物も出てきましたが(ダイハードのダニー・グローバーだった)一回だけでおしまいかな。
泣き虫ニーラはどうなるんだろう。ガラントは帰って来て欲しいな。
最終話で大活躍したレイも気になる。いい医者になる素質は十分あるのに。
苦労症のアビーはいい加減幸せにならんかい。
薄味になってしまったのは否めないですがそれでも十分中身の濃い内容のドラマです。

自分はあまりドラマを見ませんが、『ER 緊急救命室』は是非お勧めです。
見たことない人はレンタルビデオでシーズン1からご覧ください。

「また会うための、別れだ」 さよならパーティーでルカがカーターに贈った言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

相場のあや(後講釈/06年8月29日)

8月29日(火)

①監視銘柄と日経平均分足パッと見

日経平均終値は15890.56円(127.97円高)。
東証1部売買高は12.53億株。
値上がり1228銘柄、値下がり353銘柄。

日経平均 15890.56  +127.97 (16:00) 
日経JQ平均 2269.97  -2.06 (15:30) 
225先物(06/09) 15920 o +150 (15:10)
東証2部指数 4316.47  +10.60 (15:01)
TOPIX 1615.99  +15.74 (15:01)
ドル/円 116.80 - 116.85 (18:01)

今日の東京株式市場は上がりましたね。監視銘柄はほぼ全面高です。
押しなべて昨日下げた分上がっています。
ボリュームの低さが方向感の確信のなさを反映していますね。
後場の先物主導らしき上げは微笑ましい限りです。
以下は昨日の内に考えてたことを書き付けたものです。

先物やっている個人(恐らく国内)はお金持ちだから、考え方が保守的で先々見通しなどのきっかけがないと、思いきった買いポジにいけないんじゃないでしょか。
(思いっきり買いポジ先取りのポン吉はほくそえむ。フフフ)

今は多分利益確定に走っているだけだと思う。外人が買っているのは事実なので、下げは限定的なものと見ています。
TVで誰かが言ってたけど、その分CPは溜まっているはずなのでこの反動こそを楽しみにしています。
この先、近いうちに九分九厘上げて、ポイントは18000くらい(オーバーシュート可能性あり)に見たいと思っています。(期待)
(・・・と大見得を切っておきながら、曲がっちゃうんかなー)

ところでよくNEWSで言われる先物の「仕掛け的」な売買、の「仕掛け」が実際に故意に行われることはほとんどないんじゃないですかね。個人が回りを見ながらみんなで渡れば怖くない、的なノリで一時的に一方向に向かう、と考えるのが現実的じゃないかな。実際株式市場関連の掲示板とか見ててもそんな印象を受けます。人間の心理、ってそんなもんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

すいか

8月も最終週。
遣り残したことはいっぱいあるのら。
まとまった休みが取れなかったからどこか遠くに行く事が出来なかったのがつらい。
この夏一度も海に行ってないしねぇ。

それでもスイカは食べたのら。
スーパーで1/4 400円くらいで売ってるのを買ってきて食した。
甘くておいしかった。
スイカを、おいしそうに、みずみずしさも逃さず撮るのは難しい・・・
スイカで思い出した。かき氷食べてない。でもいっか。そんなに好きじゃないから。

すいか。めくるめく赤と緑のページェント(?)

いつもこんな食い物ネタばっかでスイマセン、なのら ☆。

060828suika

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月次会

今日は月次会と呼んでいる月一回の発表会。
開発案件の内容を各開発Gr毎に30分くらいで説明・質問する会。
うちの部署はGrといっても2~5人くらいで、6Grある。
フォトリソ、Low-k、枚葉洗浄、バッチ洗浄、などなど・・・
所詮開発なので上の言葉で囲えないこともやっている。
月一回出るのはめんどくさいし、新鮮味がないので3ヶ月にいっぺんくらいの参加頻度にしたい、とひそかに思っている。

開発、というと文字ではかっこいいがやっていることは泥臭い。
理科実験のようにビーカー実験だったり、ホームセンターに行って実験器具になりそうなものを物色して組み立てたり。
つまるところ、自分の仕事は夏休みの自由研究みたいな「ノリ」である。
自由研究とはいえ、しょぼいミスしていれば怒られるし、夏休みに終わりがあるように、研究にも締め切りがある。
締め切りに間に合わなければ、極端な話、おまんま食えなくなるのだ。
つらいこともいっぱいあるけれど、実験の結果をわくわくしながら待っているのって楽しかったりするんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

ER緊急救命室

NHK-BS2で放送中のER 緊急救命室。
現在シーズン11まで進んでいる。
シーズン1、新人(インターンだから医学生)のカーター君(ジョン・カーター)の実習一日目が第1話だった。
ちょうど自分が社会人で新人だった頃と時期が同じでカーター君の苦悩と自分の悩みなんかを重ねたりしたものだ。
そして、現在、カーター君はERを背負うスタッフドクターになるまでに成長している。
そのカーター君、いま愛に生きるためにERを去ろうとしているんじゃないか、というような展開。

ロスやキャロルが去り、ベントンが去り、グリーン先生が死んで、ロマノも亡くなり、コーデイ先生も去った。
ERの柱的な人間が次々いなくなって(新しい人物も登場しているが)カーターがいなくなったらERつまらないじゃないか。
出戻りルイス先生だけになるのか、ついに終わるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月のガソリン

熊本で141円だったガソリンレギュラー価格。
こっちに戻ってきたら、きっと物価が高い地域だから147円くらいかなぁと戦々恐々としていた。
実際はリッター137~141円と販売店によって幅があるものの全般的に安い感じ。
全国平均が144円になっている事とあわせて考えても、この地域にしては出来すぎなくらい安い。

自分のスバル・インプレッサWRX STIはハイオク仕様なのでリッター151円かかる。
せいぜいエコ運転に努めますけどね、リッター当たり11km稼ぐのが精一杯だよ。

このままピークアウトして安くなんないかね。
151円のハイオクガソリン、このうち53.8円がガソリン税というのが納得いかないぞ。

販売店によって幅があるのも珍しいこと。
うちの地域は横並び大好きな商売人が多くて、全国平均の値が出ると翌日にはそれが地域標準価格になるようなお国柄である。
店によって価格がまちまちなのは、ガソリン高騰の影響で横並びすら許さないような競争時代に入った、ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騰落レシオ(後講釈/06年8月25日)

8月25日(金)
①監視銘柄と日経平均分足パッと見


日経平均終値は15938.66円(21.96円安)。
東証1部売買高は14.92億株。
値上がり663銘柄、値下がり879銘柄。

日経平均 15938.66  -21.96 (16:00) 
日経JQ平均 2291.40  -2.35 (15:30) 
225先物(06/09) 15970 o +20 (15:10)
東証2部指数 4358.04  +0.41 (15:01)
TOPIX 1619.81  -3.22 (15:01)
ドル/円 117.17 - 117.22 (18:07)

週末の相場は随分と酷かったようです。
上げて下げて、戻ってくるような動きを「行って来い」の展開と言います。
ソフトバンクの下げは何でしょう。
下げ幅前日比9.7%マイナス。

060825225

②一日の動きとNEWS見て

相場を考える上でSBの株価の動きを参考にしている事は以前にも書いたかと思います。
そのSBが大きく下げると今後の展開を考え直さなくてはなりません。
何故下げたのでしょう。
NEWSによると証券会社のリポートを原因としていました。
リーマンブラザーズ証券が21日付け(英文)で発行したリポートによると、ブロードバンド事業の加入者1人当たり売上のデータなどに懸念があるとして、目標株価を従来の1125円から900円に引き下げた、というものです。
週初に発行されたリポートが週末25日の下げの理由にされるのはなんとも理解し難い。
もともと1125円、という目標株価が900円になったからといって驚くに値しないが、それで狼狽するのも今ひとつ合点が行きません。
証券会社の陰謀とするには納得するに足る要因が見当たりません。
目に見えない現象を、何者かの陰謀として結論づけるのはたやすい事だが私は好きではありません。

Sb1y_060825

SBは1月から一貫して下げ基調です。
しかし、6月になって戻し基調になりかけた矢先の7月初旬、メリルリンチが目標株価を1800円といって冷やした経緯があります。
目標株価なんて一時の冷やし材料でしかない証拠に今週2420円くらいまで戻していました。
今回の下げも一時的なものと考えたほうがよさそうです。

金曜日時点での騰落レシオは128.99%
今週は水曜に141.64%をつけてました。
金曜の相場全体の下げの大きな要因としてSB株の下落がクローズアップされていましたが、相場全体の過熱、上げすぎの調整がSB株という個別銘柄へ波及した、と言う風に考えました。それくらい市場参加者のセンチメントの影響を受けやすい銘柄でもあるのでしょう。

年後半にかけて上げ相場が続きそうだ、と言う考えは変わっていません。
来週のSB株は恐らくかなり戻すと思っています。今回の下げが良いばねになって2500超えもあり得るかもしれません。
相場を考える上で参考にしているもうひとつの指標、インド株相場も上げ相場継続を示唆しているように見えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/25

9番目の惑星

元天文少年(?)にとって、このことには触れねばなるまい。

恒星である太陽の周りには9つの惑星が回っていて、その並びと名前を覚えるために
水金地火木土天冥海(もしくは海冥)
と語呂をつけて小学生のころ覚えた。
太陽系最外周の惑星の名前は冥王星。
太陽を回る軌道が真円には程遠い楕円形のため、海王星の内側に来ることもある。
自分が小学生のころの順番は冥王星が海王星の内側だった。今は冥王星が最外周にある。

プルート、ギリシャ神話ではハデス。
神話上の冥界の主の名前が与えられたこの星が発見されたのはつい最近のことだ。
最新の研究観測の結果によると、質量は地球の1/5。
カロンという名の月を持っているが冥王星とどっちが月か、と言うくらい二つの星の大きさは近い。
2重惑星と言ってもいい。

最近、惑星の数が増える、と言う話題があり関心を集めたが、一転冥王星を惑星から削る方向で検討され始めた。
天文学者の中にも勢力争いみたいなものがあるのだろうか。
ギリシャ神話ではゼウスの兄ハデス。
くじ引きで冥府の主になってしまった不運な人、と言うイメージだが、まさか星の名前になっても不運は付きまとうのか。

「惑星」という名前で呼ばれなくなっても星がなくなるわけでは無い。
そういう議論がされるくらい天文学上の太陽系の研究が進んだ、とも言える。(謎も多いけど)

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」では敵の前進基地があったり、「銀河鉄道999」では機械になった人間たちの生身の身体が氷の下に保存(?)されていた。(メーテルが氷の下の自分の姿を見て嗚咽するシーンがあった)。

こう言うことがないと多くの人の星への興味が喚起されないのも淋しいことだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/22

第9戦ラリードイツ 第10戦ラリーフィンランド

去る8月11~13日はドイツ
さらに先週末フィンランド、と2週連続でWRCがあった。
既に終わってから気づいたのはちょっと情けない話だが、ともかく結果について書いておこう。
結果もスバル勢にとっては情けないものになっている。

ラリー・ドイツ
1位 ローブ(シトロエン)
2位 ソルド(シトロエン)
3位 グロンホルム(フォード)

8位 アトキンソン(スバル)
リタイア ペター・ソルベルグ(スバル) 

ラリー・フィンランド
1位 グロンホルム(フォード)
2位 ローブ(シトロエン)
3位 ヒルボネン(フォード)

13位 アトキンソン(スバル)
リタイア ペター・ソルベルグ(スバル)

ペターはもうあきらめたんかあ?!
あまりにぼろぼろすぎて呆れ果ててしまった。

次はいよいよ9月1~3日のラリー・ジャパン
北海道・十勝に熱い走りを期待したい。(というよりも、見に行きたい(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

高校野球・決勝

実は後半だけ、ちら見してた。

ソウジツこと早稲田実業は初戦で大分・鶴崎工を破っていてチョイと因縁深い。
トマコマ、と呼んでいる駒大苫小牧は3連覇を狙う。

斎藤、田中、両投手の投げあいが続き、15回が終わった時点で翌日再試合に勝負が持ち越された。

15回が終わると甲子園の観客は総立ちだった。
すごい試合だったね。両チーム、球場全体、に気迫を感じる試合だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

配当減税

NEWSより~~~~~~~~~~~~~~~

株譲渡益や配当の軽減税率、期限延長を要望・金融庁
 金融庁の2007年度の税制改正要望の概要が固まった。07年度末までに期限切れとなる株式譲渡益や配当の軽減税率について、実質的な延長を求めるのが柱。税制面での投資優遇を通じ「貯蓄から投資へ」の流れを勢いづける考えだ。財務省は軽減税率の打ち切りを主張しており、決着は年末の与党税制調査会での議論に持ち越されそうだ。

 軽減税率は株式市場を活性化する目的で2003年に導入された。上場株式などの譲渡益のほか上場株式の配当と投信の分配金が対象で、税率は10%。期限切れとなれば税率は2倍の20%になる。

~~~~~~~~~~~~~~~NEWSより

株の譲渡益、配当にかかる税率10%は08年3月まで。

二重に税金のかかるこの制度については検討の余地ありと思う。
二重に税がかかっている、というとガソリン価格も悪名高い気がする。
景気がいいと、国の財布の中身はあっという間に豊かになる。

豊かになった時に税は取りやめにならない。
税取り立ての目的が変更され、余剰のお金は維持にお金のかかる「何か」に公共投資される。
と言うのがこれまでの歴史である。
国の財政が好転するかどうかが景気次第、というのは税金を取り立てる対象が国民である以上仕方のないところで、これが景気に関わらず一定額を取ろうとすると世情不安の元になるし、下手に改善しようとしないほうがいい。

景気の波によって国家財政が良くなったり悪くなったりブレがあって良いのか、という議論には景気の波に左右されないお金のかからない政府を作ることで解決するのだろうと思う。このあたりはやや漫然とそう思っているくらいで詳細に調べたわけでは無い。
だが、何でもかんでも税金かけていれば解決するだろう、くらいに御役人が漫然と考えているようなものでは無いと思っている。

今の政府、骨太のなんたら、といって国の財政を良くしようとしている。
その事自体は悪くないが、その後どうするのか、という点が見えてこない。
政府が豊かになった時に、その為に切り捨てられた人々に対して、働いても豊かにならない人々に対して、豊かさの分配が出来るかが重要になっているのではないだろうか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/17

ミクシィ

mixi

今流行のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手。
日本ではじめてこのサービスを開始し、今では会員(?)数500万人を誇る。

ちなみに自分もミクシィの会員で、このブログを連携させている。
この運営をおこなっているのが、「株式会社ミクシィ」で先日14日東証マザーズへの上場が承認された。
実際に株式公開する上場日はこれより一ヵ月後の9月14日となる。
旧社名は株式会社イー・マーキュリー。
公開株数は6600株、ブックビルディング期間は8月29日から9月4日
引受証券会社は以下のとおり。
大和SMBC
日興シティグループ
新光
三菱UFJ
ゴールドマン・サックス
モルガン・スタンレー
SBIイー・トレード
カブドットコム

ミクシィって株式公開するほど儲かっているのか?という疑問があったので調べてみたら、もうひとつの事業の柱であるインターネット求人広告事業が売上の6割を占めている。

SNS事業だけではそんな儲けられないと思ったが、去年の今頃のユーザー数が100万人、今年の1月に250万人、3月に300万人、そして7月に500万人とユーザー数を激増させている。普通のサービスは無料なのだがプレミアムサービスは有料となっていて(月額315円)、こういった収益が徐々に反映されているものと思われる。もちろん広告収益も大きいはず。
会員数は今年中にその伸びを維持できなくなることは十分考えられる。(今の伸び率が激しすぎるのだが)
ネット企業全般にいえることだが、事業の幅をどれだけ広げられるか、が今後の課題だろうな。

ちなみにIPO、の話だからね(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/15

兜町・東証

モブログから単文を発しておりましたが、ようやく帰宅しました。
現在自宅PCより発信しております(w

さて、急だったんですが今日の午前中に東証に行って来ました。
東証、正式には「東京証券取引所」です。
(写真は東証の表札)

0608151
ですが、実際には取引所のある兜町で取引を行なっているわけではなく、別の場所にあるコンピュータが全ての取引を行なっているそうです。
兜町での業務の実態は取引の監視を行なっていることなのだそうです。

思い立ったのは昨日の停電騒ぎの中でした。
ほんとに思いつき以外の何者でもないのですが、せっかくの平日の休みなので出来る事をしようと思ったところもあります。
今朝まで車でいくか電車で行くか悩んでましたが、帰省の混雑を考えて電車で行くことにしました。
自宅でテレビ東京のモーニングサテライトを見てから駅に向かいました。東京駅に着いたのが9時過ぎ。
地下鉄で日本橋か茅場町まで行ったほうが近いのですが、いろいろ別な興味もあったので自分は東京駅から歩いて兜町までいきました。
東京駅を下りたら八重洲口に出て左手に向かいしばらく歩くと永代通りに出ます。
そこで右に曲がって永代通りを進むと日本橋界隈です。コレド日本橋もここにあります。コレドを過ぎてすぐの交差点の通りが昭和通り。
ここまでくると周りは金融街にふさわしい景観に変わってきます。あっちこっちに証券会社やら信託銀行などの看板が見えます。
そのまま直進して、首都高の高架を過ぎてすぐ左に折れ狭い通りを進むと「東証アローズ エントランス」の文字で飾った建物が見えてきます。
(写真はエントランス。建物全体からみると裏口っぽい感じがするんだけど・・・)

0608152

先ほどの首都高高架の下に兜町駐車場があるのは知っていたのですが満車になってないかどうか心配だったことも今回電車を選んだ理由だったのですが、朝も昼も空車のままだったので案外空いているようです。警察の取り締まりもゆるいエリアなのか路駐も結構ありました。

東証の建物は高層と低層の二つの建物がくっついてますが、一般の見学者が出入りできるのは先ほどの狭い通りに面した高層建物の一階からだけのようです。
入る際には手荷物検査を受けて空港にあるような金属チェックのゲートをくぐりました。
受付で名前を書いたら、ガイドつきの案内がすぐ始まると教えてくれたので参加しました。案内は時間が決まっているようです。
女性のガイドさんの話は良く知られた内容なのですが、分かりやすく説明してくれるので聞いても損は無いと思います。

夏休みのせいなのか子供連れが多かったのにはビックリ!。

ここは小学校か?というくらい多かったです。
東証も子供に向けた株式などの投資教育に熱心なようで、別枠で教育プログラムもやってました。
市場参加者の裾野の拡がりを感じます。案内の内容が割合砕けてたのはそういうことも理由なのかもしれません。
(うちの親とかは絶対来ないな。子連れなんて120%ありえない。)

テレビでおなじみのガラスで囲まれたエリアがマーケットを監視する場所だそうです。マーケットセンターというらしい。
くるくる回っているのがティッカーで、商いの出来と比例した速さで回っていてスピードは刻々変わっていきます。
どこで始まってどこで終わっているんだ、と思って裏に回って写真とりました。裏に切れ目があります。(当り前ですが)
(写真:こんなところにライバル会社を見るとは・・・)

0608155
日経平均やTOPIXを表示する大きな画面に向かって右側が国債取引の監視だそうです。その他の部分が株式やCB取引の監視をしているとのこと。(写真手前)

0608153_2

メディアブースにはテレ東や日経CNBCのブースがあり、誰か知っている人はいないかなと思ったのですがテレ東の池谷君(多分?)の後姿しか確認できませんでした。(写真がその後姿)

0608154

東証のエスカレータはかの悪名高い「シンドラー社製」だった!(写真)

0608156

自分が歴史好きなせいもあるかもしれませんが東証入り口すぐ右手の証券史料ホールは結構見応えがありました。ここはお勧めポイントです。
東証に来て知ったんですが、

JASDAQは東証の中に無いんですね(-_-;)

いつか来たい、と想いつつなかなか来れなかった東証。
いつも見慣れているせいかすこしの懐かしさと、初めて訪れた珍しさが多分にあった場所でした。
いかがわしい、とか思っている人もいるくらいだから(うちの両親とか)興味の無い人には全然面白くないでしょうけどね。
(自分への御土産にキーホルダー(300円)とストラップ(180円)買いました。クローバーの奴なんかかわいいから通販すればいいのに。)

*写真は後日貼り付けます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高速バス

帰省の混雑はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東証アローズ

今、兜町に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

ペルセウス座流星群

皆さんは流れ星が文字通りシャワーのように流れる姿を見た事がありますか?。
ポン吉は何度かそういった光景を目にしています。
ふつうの日でも一時間に2~3個は見える流れ星ですが、まさに雨のように夜空を星が流れていきます。
これまでの人生ですごかったのは2001年11月に降った獅子座流星群でした。

さてペルセ流星群。
そろそろ極大日(最も多く流れる日)だよな~、と思って調べてみたら昨日だった。
チョーうかつ~(-_-;)

アストロアーツのサイトに携帯電話による一般参加型リアルタイム集計やってます。
http://www.astroarts.co.jp/mobile/meteor/index-j.html

これを見るとやっぱ昨日が多かったのかな。
九日が満月なので今年はあまり条件がよろしくないです。月明かりで微妙な明るさの流星が見れないからです。
それでも夜の10~12時くらいは普段より多く見れそうです。
ちょうどシーズンの花火大会が終わったあとにでも、空が晴れていたらちょっと星空に目を向けてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟、春日山

朝早起きして、イグニッションキーを回す。エンジンがまだ冷えていて暖まるまでの間やや大きい低音はいつもの感じ。
近所迷惑にならないようにそろそろと走り出す。

今日は日本海を見よう、と思っていた。
見ようという動機、ただそれだけ。
空はところどころ薄曇だが薄雲の切れ間には明け切らないままの青い空が見える。
向かうは新潟方面。天気がよいことを祈る。
新潟に行くにはいろいろ道筋があるが、今回は交通量の少なそうな信州長野の西端R148を使って北上する。

新潟県に入る頃には天気はすっかり快晴だった。
空が青い。
海が青い。
(写真は国道8号線沿いの駐車場から日本海を望む)

060813japan_sea

夏の日本海はベタ凪だった。
自分が日本海を見る時は夏で、いつも波のないまるで湖のような表情しか印象にない。
それは今回も同じだった。
新潟県の長大な直線状の海岸線は、どこでも海水浴場と言ってもいい。
海水浴客より海水浴場の数が勝っているんじゃないだろうか。
こんなに穏やかで綺麗な海で泳ぐ事が出来るなんて、新潟の人は幸せだ。
関東からも高速使えばすぐなんだから結構穴場かも。めちゃ込みの材木座や腰越なんぞで泳ぐよりか何ぼもましである。
(写真は透明度も抜群な日本海。)

060813japan_sea2

美しい風景を見ながら変化の乏しい国道8号線を北上する。
国府、と標識のある場所に来た。新潟の旧国名は越後。越後国府があった場所は今の直江津付近である。
戦国時代、越後を治めていたのは長尾氏であり、なかでも有名なのは長尾景虎、後の軍神と呼ばれた上杉謙信である。
関東管領職を山内上杉氏から譲られた際に上杉の家名も継いだのだ。
長尾氏、後の越後上杉氏の本拠地も旧国府にあり、居城は高田平野から日本海までを一望に出来る春日山山頂にあった。
今日はその春日山城址にを訪れた。
山城というのは本来攻め難く堅固に作られているものである。春日山城も恐らく堅固な城だったのだろう。多くの郭(くるわ)や堀などが工夫されて配置されているようだ。
しかし同じ時代、謙信としのぎを削った好敵手である武田信玄の本拠地にある武田館跡と比べると、その考え方の違いが全く真逆にあるようで面白い。武田信玄の国の経営に対する考え方、が同時代人とは大分違っているのかもしれない、が、それはまた別な機会に。
夏の草いきれが立ち上る山道を上り下りして汗をかきかきようやく春日山城行楽。あ、違った、春日山城攻略。
(写真は頂上の本丸から高田平野を一望。足元は上越市街、左には直江津港と日本海も見える。)

060813kasugayama_sanchou

その後、謙信の墓があると言う上杉家の菩提寺、林泉寺を訪ねた。
墓所には一般の方のお墓もあって、お盆らしくお墓参りに来ている家族連れがいらしていた。
上杉謙信のお墓は、軍神の墓、というにはひっそりと地味な感じで立っていた。
並んで、川中島の合戦の戦死者供養塔も立っている。12年に渡って5度あったと言われるこの合戦では4度目が最も激しいもので、両軍あわせて3万3千の兵が戦い、、8千人が戦死、2万人が負傷したとされている。

兵どもの夢の果てに黙祷し、帰途についた。
(写真は林泉寺の惣門。上杉謙信によって春日山城から移築された。往時を今に伝える唯一の門、らしい。)

060813linsenji_soumon_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/12

ポンの帰還

まるまる2ヶ月ぶりに戻ってきました。
バスを下りたら「涼しい~」

走るバスの中からも窓をたたく雨と雷光が見えて、夕立が降っているようでした。
そんな激しい雨の中遠くに花火が見えて、雨中でも花火大会を開催する何か「根性」もしくは「執念」みたいなものを感じました。
九州で会社から空港に向かうタクシーの中、運転手さんと町で行なわれる花火大会について話をしていて、いつもは5千発とか6千発打ち上げるのに今年は2千発しか打ち上げない、と言ってました。各地方の夏の祭りが簡素化されている、という話をどこかで聞いた事があったので、そういう流れが九州にもあるのでしょう。
そのために、雨の中の花火大会を見た私は一種の意地のようなものを感じたのです。
地方の意地、みたいなものかもしれません。

単に開催中に急にやってきた雨かもしれませんけど。

バスを降りたらあまりの涼しさにビックリしました。
標高はある程度ありますが、標高の高さを無視する盆地気候で暑さが襲う地方なのです。
雨はこの冷気のせいかもしれません。

会社に置いてある自分の車を取りに行き2ヶ月ぶりに動かしました。特に問題は無いようです。
ブレーキローターがさび付いてて始めのブレーキはジャリジャリ感たっぷりでした。しかしこれは愛嬌でしょう。
ここ2ヶ月、会社の社有車は1.5Lの涙目インプレッサワゴンだったので、足のふにゃふにゃ感とかカーブでの踏ん張りとかところどころ不満がありました。
普通の人にとっては乗り心地のよさにつながるので、足回りの柔らかさの良し悪しは人それぞれあるのでしょうけど。
オートマ、というのもつまらないものでした。ちょっとした加速もタイムラグがあるし、加速が足りない、と思ってアクセルを少し踏むと時間差を置いて思った以上のダッシュを見せたりします。
コツをつかむのに2~3日かかりましたが、それでも思ったように動かない、というのは車、という道具とコミュニケーションが取れていない感じがしてストレスのたまる元になります。
会社は土曜から4連休なのであっちこっち乗りまわしたいとおもっています。
(写真は去年の今頃、千葉の白子の砂蒸し温泉に行ったときのもの)

060812_shirako_omoide_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

2006年6月の機械受注

今日発表された統計指標、6月の「機械受注」は事前予想値が1.4%減、とか0.4%減とか言われていてどちらにしても市場の予想はマイナスだった。
蓋を開けてみたら8.5%増。

1%とか8%とか数字自体は小さいように見えるが、受注全体の数字がかなり大きい(1兆円台)ので、1~2%越えると「大幅な」と言う形容詞が付くほどの数字、と思っていただきたい。

もともと月次の機械受注統計は上下にぶれやすいとは言われているものの、今回は数値ばかりでなく、プラスマイナスの方向性すら市場にとって想定外だった。

発表が毎回場中なので株式市場のかく乱要因になりやすい。今日は前場下げ、後場寄りも先物主導で大きく下げていたところを予想外の統計発表が直撃しビッグポジティブサプライズで株式指標はプラス転換、前日に続き大幅続伸、となった。
Poketさん曰く、「怒涛の上げを見せてもらいました。」である。

060809nikkei225

今週末にオプSQを控え、それに向けた先物の不穏な動きは幅も大きく波乱の週明けだった。
この影響を受け、相場に対する自分の心理も激しく左右されていたが、今回の統計指標は逆に先物師たちの心理を翻弄したのではないだろうか。

機械受注、
先に書いたように単月比較では上下にぶれやすいので、3ヵ月平均の数値も重要である。
ここ1年の動きを見ると、

05年4-6月 0.8%増
05年7-9月 2.1%増
05年10-12月 3.4%増
06年1-3月 0.4%減

06年4-6月はマイナスか良くて若干プラスの水準と予想されていた。

ちなみに単月数値、4月は10.8%増、5月は2.1%増だったので、6月の事前予想は若干のマイナス(前記)、にされていたのだ。
4月の好調すぎた数値が今回の予想を狂わせた、と言えるかもしれない。

今回の結果を受け06年4-6月は8.9%増と、とてつもなく強烈な数値になり、次期(7-9月)見通しが4.9%増と、なかなか良い、というより「とても強い」と言う表現の似合うものになった。
今後日本の株式市場はどういった評価をされるか、注目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の行方 2006年8月8日

いよいよアメリカではFOMCが開かれ、”嵐を呼ぶ”ベンちゃん(FRB議長)から声明が出される。市場の見方としては利上げはもう打ち止めだろう、と言う雰囲気だ。
が、注目しているのはその後の声明のほうで、今後アメリカの景気はどうなっていくのか、その見通しのもと政策金利はどういった方針になるのか、といったあたりが関心を呼んでいる。
アメリカの景気は上昇過程にあるとはいえないがさりとて景気後退でもない。
景気減速、はすなわち景気後退ではないのだろう。
よい減速、であれば市場は好感するだろう。減速はやがて後退へと向かう道の入り口にすぎない、と感じれば材料で尽くしで市場から資金は退散するだろう。
果たして明日の朝にはどう判断されているか。

日本でも景気指標の一つ、7月の景気ウォッチャー調査の結果が発表され街角の景況感を示す現状判断指数が2ヶ月連続で50を下回った。これは街角の人々の景気に対する認識がどちらかと言えばマイナス方向に感じていることを示している。
内閣府は基調判断を「回復している」に「緩やか」を付け加えて下方修正した。
判断の変更は1年8ヶ月ぶりらしい。
7月頭までサッカーのドイツワールドカップもあって、薄型TVなども売れたろうに、一般にはそれほど景気が良い、と感じてはいないみたい。
長雨の影響、という。
すこしづつ景気がよくなっていて、上がったり下がったりしておそるおそる進んでいくような景気拡大のほうが長続きして良いのかもしれません。
グアッっと上がって夏の花火みたいにポンとはじけておしまい、じゃ切ないものね。

長雨の被害に会われた方には心よりお見舞い申し上げます。
東海~関東甲信方面には現在台風が近づいております。
大雨にはくれぐれもご用心ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

風の行方/2006年8月7日

金曜の下げでちょっとびっくりして売り注文出していたら一部ヒット。
今日のNY次第では8月1日のポジションに戻すことも考えておくか。
為替が円安方向に動いているのが気になる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/06

台風3兄弟

0806_72hour_tenki_yohou

8月6日時点での72時間後天気予想図です。
日本近海に3つの台風がひしめき合っている感じです。
お互いのエネルギーが分散されれば良いのですが、現実的には相乗効果となる場合の方が多いような気がします。

台風の進路にあたらなくても東海~関東の海岸には大きな波が寄せてきます。
今後の予報に十分気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公営プール

お日様カンカン、・・・ジリジリだったか?
そんな音が聞こえてきそうな日差しなのである。
入道雲がすごい勢いだ。夏だねぇ。

060805cloud

夕方、近くで見つけた公営のプールに出かけた。

出張先の週末の楽しみというと、つつましいものだとわれながら思っているんだけど。
そのプールは運動公園の一角にある室内プールで25mの短水路プール。
6レーンのうち3レーンは子供用で1レーンは水中歩行用。
泳げるのは残り2レーンしかなく、昼間に来た時は人が溢れんばかりで「こりゃ駄目だ」と思った。
熊本で水泳する人はどこに行ってるんだろう?

その運動公園のプールに夕方(6~7時以降)行くとようやく人が減ることが判って以来、夕方に通うようになった。
そのプール、今日は全く人気がなかった。
「え、休み?」とのけぞって驚いた。夏休みのかきいれ時でもあるはずなのにプールにはさざなみ一つたっていない。ちなみにここのプールは壁の一面が大きな窓になっていて外から見ることが出来る。
どうしたのか、といぶかしげに受付まで行くと紙が張ってあって、なにやら工事をするのでしばらく休みになるらしい。

ふっと頭に浮かんだのが、埼玉ふじみ野市のプール事故。
事故後全国の自治体がプールの点検をして不具合があったところがかなりの数あったと聞く。
ここも、か?
そういった詳しい事情は掲示されていなかったが、年中開いている室内プールが、この夏真っ盛りの時期に工事を計画していたとも思われない。なにやら関連はありそうだが。

プールにいけなくてつまらない思いをしている子供が大勢いるんだろうなぁ
つまんない思いをしている中年もここにおるぞぉー!っと。

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フラッシュメモリー

暑い。
夏だから当たり前なんだけど、ひーひー言いそうになるほど、日なたにいると暑い。

今日は、家電量販店に少し寄った。
暑いからクーラー買いに行ったわけじゃない。涼みに行った・・・わけでもない。
仕事の実験に使えそうなものがないかどうか、今の売れ行き家電製品は何か、ちょっと物色がてら巡回しにいったのだ。

仕事上の興味も含め、フラッシュメモリー(以下F/M)売り場に行ってみると、256MBで転送速度10MB/s未満のF/M(SD)は3000円しないものが目立つ。
自分が買った時には5~6000円くらいだったから、しばらく見ない間に50%OFFである。
同じ値段で512MBが買えてしまう。+1000円出すと転送速度の速い512MBが買える。(20MB/sの512MBで7000円台)

世界中でF/Mの増産方向にあるようだが、その恩恵なんだろうな。
競争激化の中で、価格妥当性についてはよく分からない。
仕事場で漏れ聞くところではデバイスメーカーの歩留まり向上や生産性向上の要求はますます高まっている。
それらの状況を考えるとぎりぎりの戦いをしていると推測する。
消費者としてはもう少し安くなって欲しいんだけど(w

こんだけ暑いとエアコンとか売れていると思うのだが、意外とお客さんは少ない。
家電量販店の午前中の客足はこんなものなのかな。

*ちなみにネットで買うと4000円台で転送速度20MB/sの512MB(SD)が購入可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

アクセス解析

これまでココログ・無料サービス版でしか対応していなかったアクセス解析が有料版でも使えるようになった。

普通、逆じゃないかなぁ~

それはさておき早速見てみた。
なんていっても先週のアクセス数急増の理由を知りたかったのだ。
いつもは(出張し始めてなんか減ってますけど)1日10数件、週間で70~100くらいなんだけど、先週なんと300件越え。
何だろなーと思っていたわけ。
アクセス解析して最もアクセス多かったのが、「ワーキングプア」について書いたところ。
世の中、相当関心があったんだねえ。
少なくともブログ心を相当くすぐった内容だったと言えますな。
このほか、検索ワードで「ワーキングプア」に次いで多かったんが「大阪うまいもんの歌」
なるほどね~

アクセス解析っていろいろあって面白い。
リピート率5%とか(笑
それってほとんどおいらの知っている人ばかりじゃないのか?
アクセス地域で多いのが東京・大阪・神奈川・静岡・愛知
大都市のある地域は分かるが静岡は意外だなぁ・・
さすがにアクセスする人を見分けることは出来ませんが。
(そんな阿呆なこと可能だとしてもしませんけどね)

脱力系の数字でいっぱいのポン吉のアクセス解析でした。
再訪して頂いている5%の方、こんな勝手なことばかり書いているブログですか今後も温かく見守ってやってください。
傾聴、ありがとうございました。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の行方/2006年8月2日

トラバってますけど表題の「商社」の話ではありません。
レンジ相場が続くかと思っていますが、このまま上抜けて16000向かう気がしてきました。
強気の理由
1)米国の金利動向
2)信用残の解消
3)為替

弱気の理由
1)米国の金利動向
2)中東情勢
3)相場の低エネルギー(売買代金少ない)
4)レンジの上限
5)先物主導で仕掛けっぽい

米国の金利動向はどちらも入っていますが、
強気)上げる上げないに関わらずFOMC後を睨んだ動きが既に始っている、と見るか
弱気)これまでどおりFOMCまでは強弱織り交ぜた様子見気分が抜けない、と見るか
どちらにスタンスを取るかで変わってきます。

不動産の証券化、の話がありましたが現在東京都内でプロジェクト化された大規模マンション建設にも証券化スキームが利用されています。
地価の価格変動リスクがクローズアップされたのがバブル期であり、特に大規模な用地取得を必要とする都内のマンション開発に対し資金調達は困難になっていました。(今は少し事情が違いますが証券化の動きが出始めたころは銀行がたやすく貸さなかった。)

不動産を証券化することで取得資金調達手段を多様化でき、バブル期に問題となった保有不動産による資産の肥大化に歯止めがかかり(オフバランス)、銀行からの借金ではないので有利子負債の増加もなくすことが出来る、などのメリットがあります。

先の話では、マンションデベロッパーが特別目的会社(SPC)を設立(出資)しSPCを通じて不動産を取得します。デベロッパーはSPCの証券を握っている(出資している)から間接的に不動産を証券として持つことになるわけです。これが不動産証券化です。
SPCへの資金供給元はデベロッパーや不動産会社だけではなく、金融機関や証券会社なども入っています。

こういうのを開発型の不動産証券化といいます。
既存の建物を信託証券化する信託型などいろんなスキームがあるようです。

「REAT」も不動産投資信託で不動産の証券化の一種と言っても良いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »