« もう7月か | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2006/07/07

つれずれ

明日は(時間的には今日が)七夕である。
新暦七夕にどれだけ魅力があるか分からないが、世の中は七夕きぶんである。
新暦七夕は梅雨の真っ最中なんだから、せめて七夕くらいは旧暦で祝ってあげればいいのに。
そんな風に子供のころ思っていた。
子供のころから新暦と旧暦の違いが分かる渋いお子ちゃまだったのさ。

ホークス監督の王さんが胃を患って入院したらしい。近いうちに手術するそうだ。
昨日、ふと見たNEWS番組の最中、緊急記者会見が開かれていた。
「1番好きな野球から離れるのは悔しい」
悔しい、という言葉にいたく感動し、同時に切ない気持で胸がいっぱいになった。
シーズン途中で監督である立場から身を引かなくてはならなくなった、その無念さは他人が思うよりももっと根の深いものだろう。
今年はWBC(ワールドベースボールクラシック)で世界一を獲得した。
そして休むまもなくプロ野球のシーズンに入った。
いつも以上の激務と心労があったに違いない。
王さんガンバって!

東証から6月最終週の投資主体別売買動向が発表された。
外国人は久し振りの大幅買い越し。
国内個人のみが売りこしており、他の主体は全て買い越している。
実は5月の最終週もこんな感じである。
トレンドが変わったかどうか判断は難しい。様子見だろうか。

日本の裁定取引や信用取引の買い残がずいぶん整理されてきた感がある。
まだそれでも多いんだけど。一方、海の向こうのNYでは記録的な売り残増加らしい。
アメリカの企業業績は悪くないが、金利上昇という足かせが響いてこれ以上伸びない、という見通しが根強いのか。
一旦腰の強い買いが入れば派手に上げるかもしれない。

日銀の有識者会議で資産公開、幹部の投資活動凍結などが答申された。
金融政策を決める人たちの金融取引を禁止するのは当たり前だと思うが、今までそういったインサイダー取引を禁止していなかったことのほうが驚きだ。
また、そういったことを自分達で決められない(外部の有識者に問わないと決められない)日銀は相当病んでいる。
資産公開が家族を含めない、と言う甘い答申内容は、ひょっとすると馴れ合いの有識者が集まったのではないか、とさえ思える。

|

« もう7月か | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれずれ:

« もう7月か | トップページ | 梅雨の晴れ間 »