« 元寇防塁 | トップページ | 「大阪うまいもんの歌」 »

2006/05/12

福岡・番外編 一蘭(ラーメン)

福岡のキャナルシティにその店がある。
案内を見ると東京にもお店を出しているらしい。
名前だけは聞いた事があったので食べてみる事にした。
お店に入ったらまずは食券。
加えて、好みに合わせた味付けや麺の固さが選べるアンケート用紙みたいなものに記入する。
まぁーここまでは許容範囲内。
テーブルについたらなんと一人一人が仕切られたようなカウンター席。
しかもカウンターのくせに(ラーメンを作ってたり運んでくる)店の人の顔は一切見ることが出来ない。
目の前にはのれんみたいなものがあってそこを通してラーメンが出てくる。

へー、でもなんか鶏小屋みたいだね。

というのが正直な感想。
ラーメンは旨かったよ。
ポン吉お好み仕様で、麺やや堅、ねぎたっぷり、にんにく多めのラーメンだけど。(写真)

050507_08
チャーシューの味わいは並だけど、「くん玉」はめちゃ旨かった。
重箱みたいな器も面白かったし。

でもあの雰囲気はダメ。おいらの好みに合わないや。友人と行っても何の意味もないじゃん。
お店側の意向は、ひたすら味を味わってほしい、ということらしいけどね。
お店の雰囲気を気にしない人や一人で行って何もしゃべらずひたすら食べるのが好きなら、はまるんじゃないかねぇ。

|

« 元寇防塁 | トップページ | 「大阪うまいもんの歌」 »

コメント

おはようさん。

本日の旅行記は、ラーメンか・・・
「一蘭」で食されたのね。よく聞くお店だにゃ~
私は、食べたことがないのでお店の雰囲気とかよくわかんないけど、用紙に書かないと注文覚えられないのかな?まだまだ修行が足りませんなって感じ。

あんまり有名なお店は最初から気嫌いしてる夫(→単にあまのじゃくなだけ)は、宣伝しているとこはダメ!、店がキレイなとこはダメ!具の多いラーメンは女の厚化粧と同じ!とか、ラーメンは、麺とスープで勝負!とか、生まれたてのわんこ(生まれて6ヶ月目にはラーメンを食べていた!)にずっ~と「ラーメン教育」してました。

おかげでわんこもテレビで具が凝ったラーメンを見ると、「これはラーメンじゃない!」なんて言い切ってます(笑)

「美味しければ何でもいいじゃん!」って思うけど、個人的には「ふくちゃん」が一番好きかな?
カウンターで見るおじちゃんの「湯きり」の技、見るだけでも「ラーメン」の奥深さを感じられるかも。
まあ、観光客は簡単には行けないってとこが一番気に入ってるのかもしれません(←私があまのじゃくなだけ?)
http://www.ramenkyushu.com/cgi-bin/search.cgi?no=112

ナッシュさんはご存知かもね。
って最近お見かけしませんよね。おーい、元気ですか?また、海外へご出張かな?

しかし・・・ポン吉ちゃんは「ロマンチスト」だね~
って朝から爆笑してました。

今回の旅行記もそろそろ終わりかな?
私まで旅行行った気分で楽しませてもらいました、ありがとう♪

投稿: Poket | 2006/05/12 04:53

こんばんは
ポケットさん


美味しそうなラーメンのお店情報ありがとうございます。
んー、どんぶりから溢れるようになみなみと盛られたスープを是非とも食したいですね。
でも確かに観光客には簡単にはいけませんなぁ
ラーメンにもいろんなこだわりかたがあるんですね(^.^)

・・・ろまんちすと・・・? 

ハテ?それは食べられるものですか(・・;)


まだGW気分の抜けないポン吉

投稿: ポン吉 | 2006/05/13 02:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡・番外編 一蘭(ラーメン):

« 元寇防塁 | トップページ | 「大阪うまいもんの歌」 »