« 週末の天気が× | トップページ | テスト »

2006/05/29

F1 モナコGP

モナコ、モンテカルロF1グランプリ。
数あるF1レースの中でも特別な響きがある。
このレースを得意とするドライバーは「モナコマイスター」と呼ばれ、敬意を払われ賞賛を独占する。
F-1でも数少ない市街地コースであり、ハイレベルなテクニカルコースであり、時速200kを超えるスピードはその数字以上の体感スピードを感じさせ、眼前に迫るガードレールは恐怖以外の何者でもない。そして狭い市街地道路のコースはほとんど抜きどころがない。
マシン性能よりもドライバーの腕と度胸が試されるコースなのだ。

最近ではアイルトン・セナが印象深い。同時代のアラン・プロストもそうだろう。
そして、赤い皇帝、ミハエル・シューマッハもモナコマイスターである。

波乱の幕開けだった。
前日、暫定PPを奪った皇帝シューマッハは一転奈落の底へ落とされた。
予選でPPタイムを出した後にスピンし車がコース上に残された彼は、FIAから故意の行為とみなされ後続の車のタイムアタックを阻害したことで最後尾スタートに変更された。
予選2位だったアロンソがPPになった。

そして結果は。

1位アロンソ。
2位モントーヤ
3位クルサード
4位バリチェロ
5位ミハエル・シューマッハ、
6位フィジケラ
7位ニック・ハイドフェルド
8位ラルフ・シューマッハ

1位はともかく、最後尾22番手スタートで5位まで駆け上がったモナコマイスター、シューマッハはすごかった。

|

« 週末の天気が× | トップページ | テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1 モナコGP:

« 週末の天気が× | トップページ | テスト »