« なごり雪 | トップページ | ラリー・カタルニアの結果 »

2006/04/01

何も考えていないな純一郎

自国の首班をこんな風に呼ぶのは不敬かもしれないが、少し言いたい。
中国の主席が小泉首相の靖国参拝を批判し、その中止を首脳対話再開の条件にした。
ついさっきのニュースである。

こうなったらどちらも意地の張り合いである。
結局、どちらかが屈辱を感じながら折れるか、違う人間が舞台に上がるまでは止まないんだろう。
死ぬまで殴りあう阿呆の喧嘩と一緒。

こうなる事はわかっていた事だがなぁ

ひとつはっきりしている事がある。
日本の首相に反発を感じているアジアの人は多数いるが、日本の首相に賛同を示す日本人は少ない。

同じニュースの中で、橋本元首相が「多くの日本人の心の中にある靖国神社はたいへん身近な人の姿だ」と弁解したらしい。
龍の字は誰を代表してるのか。
上の発言について国民にアンケートしてから発言して欲しい。

(こう言う首相を間接的にも許しているわけだから、自分も阿呆の一味、なんでしょうな、世界的に見れば。慰めは中国の主席がこの責任は大多数の日本国民にはない、と敢えて言って指導者限定にしていることくらい。プロパかもしれないけれど、現首相交代後の交渉の道を残す、というバランス感覚から出た発言でしょう。この件に関して言えば、中国主席のほうが大人。)

|

« なごり雪 | トップページ | ラリー・カタルニアの結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何も考えていないな純一郎:

« なごり雪 | トップページ | ラリー・カタルニアの結果 »