« さ、さむ゛い゛~ | トップページ | 梅 »

2006/03/20

F1 マレーシアGP

先週に引き続いての2戦目、場所はマレーシア・セパンサーキット。
結果からいうと、1位フィジケラ、2位アロンソ、3位バトン。
2位アロンソと3位バトンの間にはまだまだ深い溝があるような感じ。
溝、というのはマシンの差。
ルノーは昨年に引き続き安定性、戦闘力ともに抜群である。
ホンダ、マクラーレン、フェラーリ、ウイリアムズが後に続いている。
ホンダエンジンはなかなか信頼性を高めている。
スーパーアグリのエンジンもホンダであり、佐藤琢磨が非力なマシンで意外と魅せるバトルを繰り広げられたのも、エンジンが粘り強かったおかげだと思う。

ルノーの戦略の組み立て方もひと頃のフェラーリを見ているかのようだ。
ルノーが1・2フィニッシュは24年ぶりらしい。
ところでルノーが昨年・今年とF-1で大活躍しているのに、日本でルノーと言ってもモータースポーツの色を感じないのはナゼだろう。
監督のフラビオ・ブリアトーレを見ているとまだベネトン?ってイメージだし。
それはオレだけなのかな。

|

« さ、さむ゛い゛~ | トップページ | 梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1 マレーシアGP:

« さ、さむ゛い゛~ | トップページ | 梅 »