« 自動車保険の更新 | トップページ | WRC 第2戦 スエディッシュ・ラリー »

2006/02/05

グリーンスパンからバーナンキへ

アラン・グリーンスパン氏からベン・バーナンキ氏へバトンが渡された。
FRB(連邦準備制度理事会)議長の事である。
アランが18年間もの長い間勤めてきた、ということにも驚きがある。
米国は長い間同じ職を務めることの弊害を良く知っている国であり、大統領職は長くて2期8年
までである(憲法により3選は禁止)。

榊原氏によると、アランは学者出でもなく、政界出でもない。
出自は単なるコンサルタントだった、ということである。ただしかし、ことに当たる時は必ず現場を見た、とも語っていた。

ベンは生粋の学者さんである。
このことに危惧の念を抱いている方々が多い。
これまでアランが取ってきた手法(金利政策など含む市場貨幣流通量調整策、マネタリズム)を引き継ぐ事は無いだろう。
また、かれはデフレファイターではあるけれど、交代した今現在のアメリカではインフレ懸念の芽がわずかに見られる。
(デフレ-ファイター、てことはインフレ・バブル容認派?)

USPCI
置かれた状況は逆風ではあるけれど、アランも交代当時は波乱(ブラックマンデー)があった。
世界の経済に強い影響力をもつ米経済を強く支えて欲しいものである。

もう一言付け加えて置くならば
アランはコーンFRB理事を後任に推薦しており、ベンの前職はブッシュの経済顧問。
FRB議長を指名するのは大統領であるブッシュである。

|

« 自動車保険の更新 | トップページ | WRC 第2戦 スエディッシュ・ラリー »

コメント

おはようございま~す。
ベンちゃんは、学者さんなのね~ん。
学者さんって言えば平ちゃんもそうだわね。

人物伝、私結構好きなんです。
日経CNBCの「賢者の選択」なんて好きで見てたりする(笑)昨日はサマンサタバサの社長さんが出てました。

会社の同僚の方、頑張ってるね!
よかったら、「頑張ってますね~」って声かけてあげて。
多分それだけで救われると思う。誰か一人でもわかってくれる人がいるだけで人は強くなれると思う。

投稿: Poket | 2006/02/06 06:06

彼女は頑張ってますね。
一方で息子への愛に溺れている(自称)ので、そっちのほうが心配です。
いや、心配っつーか、なんつーか。
母は強し。

(あ・・・、ポケットさんへ

「頑張ってますね!体を大事にね!!」)

投稿: ポン吉 | 2006/02/08 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンスパンからバーナンキへ:

« 自動車保険の更新 | トップページ | WRC 第2戦 スエディッシュ・ラリー »