« 市場の動向、覚え書き その1 | トップページ | なんと明日は平日なのに・・・ »

2005/11/11

信用評価損率

東京証券取引所、略して東証での株式の取引数が過去最高、と言われるくらい売買が膨らんだ。
ちょっとびびったのと、まーそろそろ利益確定するか、と思ったのとで持株を整理した。
持株が一気に3銘柄までに減った

そんな時に聞いた話が『信用評価損率』の話。(ヤフー長谷工掲示板)
これは、信用取引の買い残がある時点でどれくらいの率で損しているか利益が出ているかの比率のこと。
ナンノコッチャ、って感じもあるだろうが、損率、っていうくらいだからプラスの数字は損してるって事だ。

で、今の時点でどの程度なのか、というと先週金曜日11月4日の時点で「-0.58」

マイナスの損だから、「得してる」、つまり(含み)利益がある状態、ってことだろう。
経験的に評価損率下がってみんな利益を持ちはじめると相場は下がるものらしい。
ネットで調べる限りではそういう話が多かった。

鉄鋼も金融も不動産も上がったし、次の相場の柱がもしもハイテクならばおいらには不得意の分野なので一旦手仕舞いかな。

必ず下げる、ってもんでもないらしいから、まぁ新規の買いは抑えて様子見しよう。
必ず下げるってものでもない=(現状の)外人の異常なほどの旺盛な買い意欲に個人が乗ってりゃそりゃみんな安易に利益が乗るんじゃないか、という考え。

|

« 市場の動向、覚え書き その1 | トップページ | なんと明日は平日なのに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信用評価損率:

« 市場の動向、覚え書き その1 | トップページ | なんと明日は平日なのに・・・ »