« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月に作成された記事

2005/10/31

Meteor 引越し

いよいよ来週には引越し。
これを気にHPも少し整理をしようと思い、ここ「メテオ」とBBS掲示板「荒海ラウンジ」を一時休止してブログに場を移す。

最後の記事になるわけだが・・・

これからはブログ「いつも心に蒼空を」をヨロシク☆ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/30

結婚式@横浜 

土曜夜に会社の同僚の結婚式が横浜で行われた。

051030-1

男の目から見ると結婚式というものは ものすごく「大変だなー」 と思うものであり、めんどくさそうな儀式だったりする。
まぁ、お嫁さんが主人公なのだから引き立て役に過ぎない新郎の心労はあまり表面に出てこないものなのかもしれない。(とか書くと世の女性からバッシングされそうだな)

全体に派手でもなく人の数は多かったけれど和やかに進行して、こういうものは新郎新婦の人徳なんだろうなー、と思った。

とってもよかったYo。

  

翌日の今日は結婚式に出席した会社の同僚達と中華街へいった。

051030-2

生まれて初めて上海蟹を食べた。
みそはすこぶる旨い。
だけど、ほんのちょびっとしかなくて一杯2~3000円もするのは高い。かにみそを温かいご飯の上にたっぷりかけて「上海蟹のかにみそ丼」とか作ったら旨いだろうなー・・・

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005/10/26

発表会

発表会か。

子供の頃はあまりそういう経験なかったんだがなぁ

実は昨日お客さん(横浜)の所に行ってきた。
自分の仕事は、半導体製造装置の開発をしている。
そのために行なった実験の結果をお客さん所に行って説明したりもする。
まさに昨日の出張はそれだったんだが、これも一種の発表会だな。
内気な自分は説明している最中、ほんと心臓がのどから半分くらい出てきてる。
・・・くらいのドキドキがあるので非常に疲れる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/24

東京モーターショーに行って来た(3)

三菱のブースを離れ、隣のダイハツを通り抜けてトヨタのブースへ。
トヨタのブースには並びでレクサスのブースがある。
トヨタには今回あまり目立った見世物が無い。
無い、というのは個人的な見解。
人によっては「i-swing(アイ・スイング)」があるじゃないか、という人もいるだろうし、パンフのトップは「Fine-X」だったし。
でもアイスイングは2年前に出てた同様のパーソナルモビリティで既にわかりきったモデルなので目新しくなく、Fine-Xに見られるようにトヨタは今回全面的に「ECO」を打ち出している。
ECO、なんて当り前じゃないか。特にトヨタは。
ECOが悪いんじゃない。ECOに対する新しい提案、が無かった事に対する不満、というのか。
トヨタはそういう点で今回、他のメーカーに先駆けてガソリンに代わるエネルギー源を提案すべきだったと思う。
その分野では今回、現実に水素を動力にしたマツダのRX-8ハイドロジェンREの方がセンセーションである。
ちょっと勝ち組みトヨタは今の地位にあぐらを書いて既存の延長で済ませた感がある。
常にカイゼンのトヨタ。カイゼンのスタートには革新、開拓があることを忘れて欲しくない。

ところで今回モーターショーで自分は三つ、目標を絞っていた。
ひとつは始めに書いた日産の「GT-R」。
ひとつは2番目に書いた三菱の「Concept-X」
さいごはレクサスの「LF-A」

「LF-A」はかっこよかった。
これにはV10エンジンが積まれるらしい。そのV10エンジンのレプリカも飾ってあった。
トヨタのV10、というとF-1エンジンくらいしか浮かばない。
そう、これはまさにF-1を戦うトヨタ(レクサス)が世に出すスーパースポーツ車なのである。

LF-A-01

LF-A-02

ロングノーズで2シーターのショートデッキ。
これを見て、誰もが思い浮かべるのは昔トヨタが世に出した名車「2000GT」だろう。
発表されたのが40年前とは思えない先進的で流麗なスタイリングをもち、動力面でも世界記録をいくつも塗り替えるなどトヨタスポーツ車の伝説を作った名車である。
トヨタが誇るグランツーリスモ「2000GT」直系のデザインと、世界の頂点を極めるF-1エンジン直系のトヨタV10エンジン。
その融合の市販車「LF-A」(多分名前は変わると思うけど)は歴史に残る名車になる可能性がある。

いやまじでかっけーよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京モーターショーに行って来た(2)

幕張メッセ、というと半導体業界にいる者としては毎年年末にセミコンショーが行なわれるので行きなれている場所だ。
なのでどこの階段を行けばどこにつながってて、ホール内でどこに行けばどっちの方向に向かう、なんてのはすぐにわかる。
(少しウソかも?)

それはともかく、西ゲートの近くの西ホールには日産のほかマツダやフォード、フェラーリなどのメーカーがある。
ひととおり回った後、隣の中央ホールに向かいすぐの場所に陣取る三菱に行く。

いろいろ取りざたされている三菱だが、先日SUVの新車アウトランダーを発表するし、モーターショーでも結構気合が入っていた。
人の入りも多く、かなり賑わっていたようなので安心した。
ここで今回の目的のひとつ三菱Concept-Xに向かう。
これは三菱のスポーツカー「ランサーエボリューション」の次期モデルの原型になる、との噂が高い。
このConcept-Xはすでに三菱の公式サイトで発表されており外観はすでに知られていた。
ただ実際に自分の目で見ないとすまない性質(たち)なので、非常に興味をもって確かめた。

で、実際に見ての感想は、フロントのフェースはいかつい顔と世間では言われているが個人的に好き。
横に細い目はどちらかと言うと好きでは無いのだが、真正面から見た時の安定感を引き立てるようでバランスよくデザインされていてよい

大きく張り出したブリスターフェンダー(アルミホイールは20インチ!)とリアに続くラインは滑らかでボリューム感がある。
リアは2本だしマフラーになっていて、間に空力を考えてディフューザーをはさんだ形になっている。
会社の同僚はフューエル入口を気に入らなかったようだが、市販車仕様は変わるんじゃないかと思う。
ブースでもらったカタログには、レースレプリカを前提にしてデザインした、とか書かれていた。
代々のランエボがそうであったように、非常に高い動力と操作性、制御性を持った中身はまさにレースレプリカである。
エクステリアは(多分)負けないくらいに主張の強い、だけど嫌味では無いすっきりした形になっていると思った。

conceptX-01

conceptX-02

conceptX-03

これの市販デビュー、いわゆるランサーエボリューション10、として世に出るのは2年後の2007年くらいになると見られている。
非常に愉しみだ。

同じ三菱のエリアには今年WRCでラリーを走っている2005ランサーを展示してあった。
やっぱかっこいいわ。

Lancer-01

三菱ガンバレ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/23

東京モーターショーに行って来た(1)

今日は朝から晴れて絶好のドライブ日和だった。
朝はむしろチョイ寒いくらい。
眠気と寒さに耐えながら会社の同僚と千葉に向かった。(苦労しすぎ w)
電車で行く事も考えたが、こんな天気いいんだから、とインプレッサのアクセルを踏む。

幕張には9時くらいに着いて、少し早かったか~、とか思っていたら会場には既に大勢の人がいた。
お年を召した夫婦から小さい子供まで年齢の幅は広く、車好きに年齢は関係ないのだな、と思った。

TMS-01

9時半開場。(土日は9時半~19時、平日は10時~18時)
早速ゲートに一番近いホールにある今回の目当てのひとつ、「日産GT-Rプロト」に向かう。
GT-R、といえば日産スポーツカーの代名詞といえる車だ。
これまでスカイラインGT-R、だったが展示してある車には「スカイライン」の文字は無い。
ただリアの丸いコンビランプはスカイラインの名残を残している。
フェースは今のスカイラインやZの系統の縦目タイプだ。全体的なボリューム感もZに似ている。
自分は今のZは好きなのでこの容姿はあり、だと思うが、もう少し肉を削ぎ落としてシャープな感じにして欲しかった。
Zと比べるとちょっと個性を失っている気がする。

GTR-01

GTR-02

GTR-03

GTR-04

2007年にデビュー予定、ということらしい。
いくらぐらいするんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/22

画面の色

このブログ、デザインが若葉なので思いっきりだよね。
立ち上げ当初はミンサー織デザインの藍色だったんだけど、
ひとつひとつのコメントを分けるもの(線とか色分けとか)がなかったので変えたん。
実は、家のPCも、そして会社のPCもオイラの場合緑色がベースなんだよ。
変えるのは簡単。
画面上で右クリックすると開くウインドウにあるプロパティを選ぶ。
「画面のプロパティ」で「デザイン」タグを開く。
配色のところでデフォルトにあるアイスグリーンなんか選んでもいいんだけど、これだとウィンドウが白なのでこれも薄い緑に変える。
R:144、G:176、B:168、色合い:110、鮮やかさ:40、明るさ:151
ぐらい(この辺は結構テキトー)
会議で発表するときもこの画面のままなので「見にくいねー」と言う声がある。
実際発表するパワーポイントとかPDFとかは白い背景なので構わないはずなんだけど。
エクセルとかワードとかバックが白いと目が疲れるんだよね~

だからみんなもやってごらんよ、と会社の中で孤軍奮闘するポン吉でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アクセスカウンターと時計を設置してみた。

アクセスカウンターはニフティからもらってきた。
HPのサーバーがニフティだからチョイチョイ、とやればすぐ設置可能。

時計は結構つけたり外したりしてみたが、ClockLink.com (有名なFlash時計サイトらしい)のが一番軽くてよさげだったのでこれに決定した。

この設置もアクセスカウンターの設置と同じ方法でやれば簡単。

初めは片側(右側)に色々置いてたが、なんか手狭になったので両側に項目を置くデザインにした。
ん~・・・なんかごちゃごちゃしてて当初の目論見から外れているような・・・

ブログにも結構小道具があって面白いもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

今週末

急遽、BBQがあったりする。
元上司が九州に引っ越されるのでそのお別れ会も兼ねて、のことだ。

その翌日には
「モーターショー」
に行く。

今年は開催期間が長いので、入場者がばらけていることを激しく希望!!!

一昨年、カメラつき携帯のせいで入場者が「総カメラ小僧状態」だったため、ものすごーっく疲れた経験より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引越し

来月引越しする。

それに合わせたわけじゃないけど、ホームページの日記ページをココログに変えようと思っている。
とりあえず今は準備期間でブログを勉強中・・・ナンテネ。

今じゃネコも杓子もブログじゃけんねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

洗濯機の台ほか

【洗濯機の台】
今度引越す先の洗濯機の位置には、丁度洗濯機の真下になるところに排水口がある。
洗濯機の台、なるものがあるらしいのでヤマダ電機に行ったら「ホームセンターで置いてありますよ」と言われた。
で、うちの近くのホームセンターに行ったがそれらしい物は無かった。

この先どうなるんだ?

ネットで調べたら、ヨドバシドットコムでそれらしいのが5000円(!)であった。
よく見ると真下排水パイプというものがあるが、これは適合機種をさがすのが大変そうだ。
なんせうちの洗濯機、14年選手だからなぁ・・・三洋のHPには関連ありそうな名前ナカッタYO!

【116】
日曜日に116ってかけたら通じるんだなぁ・・・
引越しにあたって電話工事の手続きをした。
越す先にモジュラージャックはあったので、局内工事のみだ。
2100円くらいは工事費で取られるらしい。
引っ越す先は車で10分とかからない近所なので電話番号も変更なし、らしい。

家に帰ってヤフーBBの引越し手続きをする。
うちとこはYahooのADSL8M使っている。
「祝 Yahoo! BBもいっしょに引越しコース!」 (ソフトバンクBB)
なんてサービスをやっていて移転先の利用料金が2ヶ月無料になるらしい。
3000円ちょっとが2ヶ月なし、ってのはスゴイなぁ。
工事費とかも只でやってくれるらしい。
まぁお客をつなぎとめる為の策なんだろうけど、大変だねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

 秋味 

昨日、スーパーで栗を買って(500円しないくらい)、ゆでて食べた。
半分に切って、スプーンですくって食べるんだけど。

旨い、旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

バイオ・・・

バイオ・・・なんたらが下がっているなー

あーなんだっけ?この「・・・」の部分

サイクル?
なんかそんな雰囲気なんだけど、しっくりこんなぁ

ウェーブ?
違う!絶対、ない。

はざーど?
ってゲームだYo

ああっ、もう!

「バイオ、下がる、不調」のキーワードでググってみた。

『バイオリズム』 <あ、なるほどね

まぁ、完全に不調ですわ。

かんぽのバイオリズム診断↓
http://www.kampo.japanpost.jp/bio/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

 メメント・モリ 

メメント・モリとはラテン語で日本語では「死を想え」とか「死を忘れるな」と言う風に訳されるらしい。
なんでこんな話題かというと、先々週実家に帰った時に普段寡黙な父が、
『死んだら葬式は極々内輪で伯父叔母(九州に住んでる父の妹弟)は呼ばんでいい』
とのたまった。

なんかそんな危ない病気でもしてんのかと思ったが、一応前もって言っておく、ということらしい。
『メメント・モリ』
という言葉がそのとき話題に上ったわけではない。
だが、その言葉の表す意味のほうをずっとここ2週間ほど考え続けていた。
そんなときに出会った言葉が『メメントモリ』だった。
ミスターチルドレンの歌にも「花~メメントモリ~」があった。今になってその言葉の意味を知った。

人間は生まれたときから既に「死」が確定している。死なくして生は語れない。
全く先のわからない未来の事で、唯一、100%起こることが確定している事柄である。
なぜ人は、地上の生き物は、死ななくてはならないのか。
死後の世界を説く宗教を聞いた子供が、なぜそんな世界で生きるのならわざわざ死ななくてはならないのか、と尋ねたという。
死、そのものがタブー化されて今の子供達に伝わっていない、もしくは全く認識されてないという。
生きる事、死ぬ事。
じっくり『死』ということを直視して、生きる事とは何か、自分がそれまでに何をしなくてはいけないか、何をしたいのか、よくよく考えて生きていかなくてはいけないのだろう。
それが、『メメント・モリ』、という言葉に表れているのだと思う。

今度実家に帰ったら、じっくり父親と話してみようと思った。



051003mementmori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

 ジャパンラリー 結果

051002rallyjapansummary


ジャパンラリーが終わった。
そのあっけない結果もあって寂しさを感じないではいられない。
自分がいない間に行われた結果も含めて以下に。

レグ3終了時の最終総合順位
1位 マーカス・グロンホルム(プジョー)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラ)
3位 クリス・アトキンソン(スバルインプレッッサ) 
4位 フランソワ・デュバル
5位 ハリ・ロバンペラ(三菱・ランサー)
6位 トニー・ガルデマイスター(フォード)


レグ2終了時点での総合順位
1位 ペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサ) 
2位 マーカス・グロンホルム(プジョー)
3位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラ)
4位 ジャンルイジ・ガリ(三菱・ランサー)
5位 ハリ・ロバンペラ(三菱・ランサー)
6位 クリス・アトキンソン(スバルインプレッサ) 

まさかのペター・ソルベルグ途中リタイア。
前走車が走った後に掘り出された石にぶつかってフロントサスペンションとステアリングアーム(タイヤの向きを変えるパーツ)破損、という致命的なダメージを受けたらしい。

残りのSS(スペシャルステージ:競技区間)が二つ。
トップタイムで走り続け、2位のグロンホルムとも22秒もの大差をつけていた。
優勝確実、と思われてた矢先だっただけに現地にいたファンも、スバルチームのスタッフも、何よりドライバーのペター自身も相当なショックだったと思う。
3位に若手のクリス君が入ったのが地元日本のスバル勢としては何よりだった。

優勝はプジョーのグロンホルム。
彼は日本のコースに強いと言われ、昨年勝っているペター・ソルベルグと共にポディウム中央争いの最有力候補だった。
この結果、2位のS・ローブ(シトロエン)が年間ドライバーズタイトルのチャンピオンを確実にし、2連覇を達成した。
アイスマン・ローブは今期限りで撤退するシトロエンチームに最高の贈り物を送った。

三菱のガリもタイヤパンクでリタイアし、ロバンペラの5位が最高位。

来年もまたラリージャパンを盛り上げて欲しい。
来年は絶対見に行きたいぞー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 10月・真夏のダイビング?! 

今日は伊豆・大瀬崎までお泊りダイビングに行った。

秋は伊豆ダイビングのベストシーズンといわれている。
夏の間に南の魚が黒潮の乗ってやって来るので、見られる魚の種類も増える。
海水浴のシーズンが終わるので海の透明度もそこそこ良くなる。(交通の便もちょっと改善する。)
今回の海が、さて、言われている通りのベストシーズンの海だったかどうかは別にしても、いつ来ても大瀬は気楽さと驚きとでいっぱいだ。

今回、大瀬では昔、御世話になったダイビングのガイドさんとの再会があった。
自分は個人的に来ているにもかかわらず、海中写真家さんのセミナー(勉強会?)に参加させてもらったりした。
ダイビングって素晴らしい。

今日、その帰り。
10月なのに伊豆、静岡あたりは30℃を越える真夏日で暑かったゼイ。(異常だYo

051002ose_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

 ジャパン・ラリー レグ1 

今日は
「ぐうぉー行きてーよー」 
と言いながら仕事していた。(若干ウソ

いよいよ今日からレース開始である。生でWRC見れる人は羨ましい限りじゃ

レース結果は以下

レグ1終了時点での総合順位
1位 ペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサ) 
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラ)
3位 マーカス・グロンホルム(プジョー)
4位 クリス・アトキンソン(スバルインプレッサ) 
5位 ハリ・ロバンペラ(三菱・ランサー)
6位 ジャンルイジ・ガリ(三菱・ランサー)


個別SSのスバル結果

SS1(パウセカムイ) 1位 C・アトキンソン、2位 P・ソルベルグ
SS2(陸別) 1位タイ P・ソルベルグ(ローブと同タイム)、5位 C・アトキンソン
SS3(クネンヤワ-ニウエオ) 1位 C・アトキンソン、2位 P・ソルベルグ
SS4(シピリカキム) 1位 P・ソルベルグ、6位 C・アトキンソン

SS5(パウセカムイ) 3位 P・ソルベルグ、6位 C・アトキンソン
SS6(陸別) 3位 P・ソルベルグ、9位 C・アトキンソン
SS7(クネンヤワ-ニウエオ) 2位 P・ソルベルグ、5位 C・アトキンソン
SS8(シピリカキム) 1位 P・ソルベルグ、9位 C・アトキンソン
SS9(札内) 5位 P・ソルベルグ、9位 C・アトキンソン


十勝行きたいよー、と言いながら、明日はお泊りで伊豆へダイビング(何故?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »