«  10月・真夏のダイビング?!  | トップページ |  メメント・モリ  »

2005/10/02

 ジャパンラリー 結果

051002rallyjapansummary


ジャパンラリーが終わった。
そのあっけない結果もあって寂しさを感じないではいられない。
自分がいない間に行われた結果も含めて以下に。

レグ3終了時の最終総合順位
1位 マーカス・グロンホルム(プジョー)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラ)
3位 クリス・アトキンソン(スバルインプレッッサ) 
4位 フランソワ・デュバル
5位 ハリ・ロバンペラ(三菱・ランサー)
6位 トニー・ガルデマイスター(フォード)


レグ2終了時点での総合順位
1位 ペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサ) 
2位 マーカス・グロンホルム(プジョー)
3位 セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラ)
4位 ジャンルイジ・ガリ(三菱・ランサー)
5位 ハリ・ロバンペラ(三菱・ランサー)
6位 クリス・アトキンソン(スバルインプレッサ) 

まさかのペター・ソルベルグ途中リタイア。
前走車が走った後に掘り出された石にぶつかってフロントサスペンションとステアリングアーム(タイヤの向きを変えるパーツ)破損、という致命的なダメージを受けたらしい。

残りのSS(スペシャルステージ:競技区間)が二つ。
トップタイムで走り続け、2位のグロンホルムとも22秒もの大差をつけていた。
優勝確実、と思われてた矢先だっただけに現地にいたファンも、スバルチームのスタッフも、何よりドライバーのペター自身も相当なショックだったと思う。
3位に若手のクリス君が入ったのが地元日本のスバル勢としては何よりだった。

優勝はプジョーのグロンホルム。
彼は日本のコースに強いと言われ、昨年勝っているペター・ソルベルグと共にポディウム中央争いの最有力候補だった。
この結果、2位のS・ローブ(シトロエン)が年間ドライバーズタイトルのチャンピオンを確実にし、2連覇を達成した。
アイスマン・ローブは今期限りで撤退するシトロエンチームに最高の贈り物を送った。

三菱のガリもタイヤパンクでリタイアし、ロバンペラの5位が最高位。

来年もまたラリージャパンを盛り上げて欲しい。
来年は絶対見に行きたいぞー

|

«  10月・真夏のダイビング?!  | トップページ |  メメント・モリ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  ジャパンラリー 結果:

«  10月・真夏のダイビング?!  | トップページ |  メメント・モリ  »