«  今日は七夕   | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その2 »

2005/07/31

 キプロス、そしてグリーンライン。その1

キプロス。

地中海の東、トルコ、中東寄りにある大きな島の名前。
塩野七生のベネツィアの興亡を描いた「海の都の物語」に現れたり、
ギリシャ神話の美の女神アフロディーテ(ビーナス)誕生の地、として有名か?
生まれた状況がちょいとエッチなのでここでは割愛。
気になる人はギリシャ神話でもひも解きなされ。

今回のきっかけはNHKのとある番組。
キプロスではひとつ島の中で住民が北と南に分裂している。
お隣の朝鮮半島と似た感じである。分断国家なのだ。
しかし、番組では融和に向けた住民の草の根運動が紹介されていた。

分裂の遠因がお隣の半島と違ってトルコ民族とギリシャ民族という民族問題であるため、融和は大変難しいことだと初めは思った。

つづく

|

«  今日は七夕   | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  キプロス、そしてグリーンライン。その1:

«  今日は七夕   | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その2 »