«  キプロス、そしてグリーンライン。その1 | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その3 »

2005/07/31

 キプロス、そしてグリーンライン。その2


その経緯をネットで調べた。
キプロスは神話にも出てくるぐらい古くからギリシャの文化が栄えた島だ。
1571年、オスマントルコによって征服され、トルコ人が入植
1925年、第一次大戦後イギリスによって直轄植民地化
1960年、イギリスから独立。しかし同時にギリシャ系住民とトルコ系住民との間で民族問題表面化。
1974年ギリシャ軍が介入したクーデターと、トルコ軍の出兵によりキプロスは実質南北に分裂、なんと住民を移動させる、という形をとって北にトルコ系、南にギリシャ系に別れる。(キプロス紛争)

簡単に顛末書いたけど、詳しく調べるとギリシャの軍事政権崩壊とかアメリカの影響とかも関わっているので詳細は各自で調べてもらいたい。

|

«  キプロス、そしてグリーンライン。その1 | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  キプロス、そしてグリーンライン。その2:

«  キプロス、そしてグリーンライン。その1 | トップページ |  キプロス、そしてグリーンライン。その3 »