« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月に作成された記事

2005/05/23

 くすんだ春の空 


今住んでいるところに比べると、出張先である九州の空は広い。
今回の話は空の広さ、じゃない。

空の色。

普段気にしないことだが、春の、特に朝の空の色が自分は好きだ。
深い、しかし鮮やかで透き通るような青。
池澤夏樹の本に『夏の朝の成層圏』というタイトルがあるがこの表現に、やられた、とおもった。
「成層圏」という響きにその青い色はふさわしい。
ひょっとするとその先の、闇にちらばる星々の浮かぶ宇宙さえ見えてきそうな感じがいい。

そんな空が、今は少しくすんで見える。
空の色は、実はその見ている人の心の色を映している鏡なのかもしれない。

自分には、またあの空が見えるのだろうか?







| | コメント (0) | トラックバック (0)

 沈没中 


またもや、今週、月曜から九州出張中。
しかし、前とは違ってこの土日はホテルに引きこもってた。
ま、理由はいろいろあるのだが。

ホテルにこもって読書三昧。
他には、TVでやってた映画とかゴルフの中継とか見てた。
諸見里しのぶちゃんの最終ホールの涙が印象的だったナリ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

 『リコーの憂鬱』  

050515ricohchart
マイPFで最も不良銘柄はリコー。
ここ5年のチャートを見ても株価が非常に低い水準にあることがわかる。
経営状態が悪くなった、製品の売れ行きが非常に悪くなった、といったことがなければここまで下がらないだろう、と思えるくらいである。
確かに前期決算は増収にもかかわらず減益だった。
PER*も14.8倍であり、同業のキャノンが14.4倍である事を思い合わせれば格段に割安というほどでも無いのだろうか。

世界全体的に日本の株価は割安だと思う。
が、しかしその割安なもの(企業)の買い手としては外資頼みであり、その外資に買われないように「ポイズンピル」と称して株の価値をさらに希薄化させているのが企業自身であるならば、日本の株は割安ではあるけれどリスクが大きく魅力がない、という事になり誰も買わなくなるだろう。

持ち合い解消、として銀行などの金融機関が放出した株の受け皿になったのは外資である。
外資に対する異常なほどの感覚(嫌悪感を含む)は日本の閉鎖性を示すものだ。
日本は株価(株の価値、企業の価値、ひいては国の価値)を上げたくない、のかもしれない。
なにせ、出る杭は打たれてもしかたないさ、と嘯くひがみ根性の国民性だから。
(2005年5月15日 週間交易帳より)

(*PER 株価収益率のこと。
その時その時の株価に対し、決算ごとに算出される「発行済み一株当たりの利益」(=EPS)で割ったもの。 株価の割高割安を測る指標のひとつ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

 インプレッサのある風景  

050509imprezac

GWが終わって、一ヶ月ぶりくらいに自分の車に乗り込む。
窓もボディもやや汚れが目立つようになっている。遠目にはわからないだろうが。
キーを回し、イグニッションをかける。小気味良いスターターの音と共に一発でエンジンが回りだす。
久しぶりに聞く水平対向エンジンの音や振動が懐かしい。
エンジンの調子は悪くなさそうだ。
少しばかり間をおいて、ゆっくり走り始めた。
すこし目線を上げれば街路樹のハナミズキがピンクの花(ホントは花じゃないらしいが)を咲かせ、目線を下げるとツツジが満開だ。
木々や花たちが鮮やかな初夏の香りを漂わす中、青いインプレッサは道路をひたすら走る。

シフトチェンジの流れ、クラッチのつなぎ方は実は自分はあまり上手くない。
ギアチェンジのタイミングはこうだ、と教えるサイトもあるがあまり参考にならない場合が多い。
何故なら、車の運転技術は常にその時の状況に応じたベストな方法があり唯一の方法などない、と思っているからだ。
それはゲームの経験値のようなものなので、場数を踏んで徐々にレベルアップしなければならない。

さておいて、しばらく走って見て、上手くはないにしろギアの調子も悪くないようだった。
ブレーキがすこしごつごつしていたが、それも何度か街中のストップアンドゴーを繰り返すうちにスムーズになった。
走り始めたときにはフューエルメーターの針が一番下の目盛りの上にあったが、程なく警告ランプが点いた。
インプレッサWRX Stiは満タンで60リッターのガソリンが入るが、残りおよそ15リッターになると警告ランプが点灯する様になっている。
残量15リッターで点灯、って早すぎないかーとは最初思った。誰もがきっとそう思うはずだよ。
リッター7~8キロ走っても100km以上は走れる事になる。いくら燃費が悪くったってこれはちょっと慎重過ぎだと思う。
ちなみにこれまでの平均燃費は9.0km/L、である。

ガソリン入れなければと思い、いきつけのGSに行く。
またガソリン価格が値上がりしていた。

あ痛たたぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/03

 大家好! 

050503aniversary5000e

HP荒海誌のアクセスカウンターがいつのまにか5000を超えていました。
(2005年5月3日で5018)
1日5~6件のアクセスはあるみたいなので、私が明日香で遊びほうけている間に達成されたようです。
多分4月29~30日くらいでしょうか。
リニューアルして1年と11ヶ月経ちます。
こんな放蕩人のHPにアクセスいただいて本当にありがとうございます。

(「大家好」=中国語で、皆さんこんにちは、の意味。
何で中国語なのか、は運営者が中国語の語感が好きだからだけです。(^o^)
ダージャァハォ、と読みます)

放蕩人HP運営者は明日から石垣島に行って来ます(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 GW前半戦 ラウンド「明日香」その3  

050502matsuo
ラウンド「明日香」には友人の車で行ったのだが、行き帰りに名古屋辺りの混雑にも巻き込まれなかった。
明日香では人出が少ない、という声を聞いた。
どちらも万博の影響らしい。

万博ってどこでやってんだっけ?

(写真は伊賀市内の松尾芭蕉の生家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 GW前半戦 ラウンド「明日香」その2  

ラウンド「明日香」には伊勢神宮とか、伊賀とかも含まれている。

伊勢神宮内宮を見て、赤福本店で赤福を食べ、明日香で泊まったり、
翌日昼まで明日香を回り午後伊賀市(旧上野市)に行ったり、
伊賀では忍者に変装し上野城に侵入、芭蕉の故郷で一句詠んだりした。

ハードな三日間だったぜイ



(写真は伊勢神宮内宮近くにある赤福本店)

050502akafuku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 GW前半戦 ラウンド「明日香」 

050502kameishi
 
奈良・明日香に行った。

宿で食べた『明日香鍋』がめちゃくちゃ上手かったYo
味噌と牛乳で鍋をするのだが、宿のおばちゃんが「1300年続いている料理法なのだ」とくどいくらいに説明していた。
鍋に牛乳、と聞くと「え?」、という思うだろうが一度試してみる価値アリ。お勧めである。

また、鍋が終わったあとにご飯入れて作る「おじや」もチョー旨かった。

ぐはー

(写真は明日香・酒船石遺跡にある亀型石造物)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »