«  年の瀬に思う事3 | トップページ |  謹賀新年  »

2005/01/01

 年の瀬に思う事3(つづき)

WRC 
F-1よりも早く、1月21日モンテカルロからWRCは始まる。
シトロエン、フォード、スバル、プジョー、ミツビシ(ここまで04年マニュファクチュアランク順)、スコダ(、スズキ)の6チームが競う事になっている。
今年の勝者シトロエンは来季限りで撤退の噂も流れている。シトロエン-プジョーは元は一つの会社だからそこから2チーム出すのはどうか?という声もあがっているらしい。ちょっと内部的にはごたごたしているが若き王者ローブが強さを引き出すだろうからあなどれない。

スバル(富士重工:7270)は今年マニュファクチュアタイトルでは3位だったが、ドライバーズタイトルでは惜しくも(?)ソルベルグが2位だった。
来年、ソルベルグとサラザン(アトキンソン?)がいいとこ走ってくれるんじゃないか、と見る。
気がかりはレース途中からエントリーする’05仕様WRカーの熟成度合い。
今年はもう少しのところでマシントラブルが発生してリタイヤ、ということが多かった。
マシンの戦闘力はエントリーチーム中最強、といわれるだけに何より完走できる車作りを最優先して欲しい、というのが願いだ。
ミツビシ(三菱自動車:7211)は今年はいろいろあって途中から参戦停止をした。来年はフル参戦。
モータースポーツ通じ「信頼回復」目指す、と宣言しているし、頑張ってほしい。
スズキ(スズキ:7269)は今年JWRC(ジュニア世界ラリー選手権)を制覇し来年からWRCの欧州イベントで併催されるJWRC7戦と、併催されない欧州外でのWRCイベント残り9戦のすべてにA6クラス(排気量1600cc以下)で参戦する。、車は今年の“イエローベレット(黄色い弾丸)”イグニス・スーパー1600で前半を戦い、後半ラリージャパンからはスイフト・スーパー1600で戦うらしい。(どっちもスイフトがベース)
ワークスとしてのWRC早期参加が望まれるところだ。

9月30日~10月2日に北海道十勝でラリージャパン開催予定。

|

«  年の瀬に思う事3 | トップページ |  謹賀新年  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  年の瀬に思う事3(つづき):

«  年の瀬に思う事3 | トップページ |  謹賀新年  »