«  台風2号接近中  | トップページ | saku・saku »

2004/05/19

 桶狭間の戦い 

ネットをさすらっていたら「兜町ネット」というHPの「今日の暦とトリビア」欄に

5月19日(旧暦4月1日・仏滅)

1560年・桶狭間の戦いで織田信長が今川義元を破る

とあった。

織田信長、は尾張国(今の愛知県)の武将。
当時はまだまだ弱小で、国々におかれた守護大名の代理、尾張国一国すら全部を掌握していなかったくらいの勢力。

尾張の東隣は三河、遠江、駿河(今の静岡県)であり、この3カ国を支配していたのが東海の弓取り、と呼ばれた今川義元だった。

今から444年前の春、この巨人は京を目指して立ち上がる。
当時の状況はこんな。
駿府(現・静岡市)から京までの途上には彼にとっては弱小勢力しかなかったはずだった。
尾張:群雄割拠状態
美濃:蝮と恐れられた斎藤道三も既になく、その息子義竜は酒色に溺れていた。
近江:佐々木(六角)氏、浅井氏が抗争中。時の将軍・足利義輝が佐々木氏を頼って近江に潜伏中だったが1558年に抗争相手の三好氏と和睦して京に戻ったばかり。
京:畿内で勢力急進中の三好氏が敵対していた将軍義輝と和睦しやや平穏。

今、外は雨。
桶狭間の戦い当時も雨だったと聞く。
雨にまぎれて寡兵の織田軍は今川の本陣に迫った、と。

静かに、音もなく、歴史と言うものは回るらしい。






今日の体重 +0.0kg(5月5日比)





|

«  台風2号接近中  | トップページ | saku・saku »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  桶狭間の戦い :

«  台風2号接近中  | トップページ | saku・saku »