« マエミー | トップページ | カマキリ »

2003/09/14

レニ・リーフェンシュタール その2

『9月8日夜(現地時間)ドイツ・バイエルン州の自宅で亡くなったとの残念なニュースが届きました。パートナーのホルスト・ケットナー氏は、「まるで眠るように亡くなりました」とコメントを発表しています。8月22日に101歳の誕生日を迎えたばかりでした。』

かえすがえすも残念である。

このメテオでも一度取り上げた。(7月10日付)
きっかけは日経の記事だった。

昨年、公開された『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海』。
彼女にとっては実に48年ぶりの監督作品なのだそうだ。
100歳でなお監督をされるそのバイタリティには敬服していた。
しかも彼女自身が海に潜って撮影した海の世界を映像として表現したものである。
今となっては遺作となってしまったが、現在東京渋谷の「シネセゾン渋谷」で上映中である。
近いうちに見に行こうと思っている。

彼女の終わりのない好奇心と行動力に敬意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

レニのオフィシャルHP
http://www.cine-tre.com/leni/
シネセゾン渋谷HP
http://www.webs.to/sibuya/

|

« マエミー | トップページ | カマキリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レニ・リーフェンシュタール その2:

« マエミー | トップページ | カマキリ »